乳業基金ニュース ご加入のおすすめ シミュレーション 当基金へのアクセス

退職時の手続(年金・一時金の請求手続)

年金や一時金をうけとるには、 ご自身で請求手続をする必要があります

当基金では、受給開始年齢になった月の翌月に請求書を郵送しています。年金をうけようとするときは、請求書に必要な添付書類を添えて基金に提出し、請求手続を行ってください。

年金の請求手続

年金の種類

第1種退職年金

(加入員期間15年以上の人が対象)

第2種退職年金

(加入員期間15年未満の人が対象)
請求時期 ・老齢厚生年金をうけられるようになったとき、または働いている人が65歳になったとき ・老齢厚生年金をうけられるようになったとき、または65歳になったとき
提出書類 @退職年金裁定請求書
A加入員証
B戸籍抄本(生年月日が証明できるもの)
C国の年金証書の写し

選択一時金の請求手続

請求時期 @加入員期間が15年以上ある人が退職後、受給開始年齢(生年月日に応じて60〜65歳)に
  なる前に一時金の選択を申し出たとき
A第1種退職年金をうけられる人が、裁定※1請求の際に加算年金にかえて一時金の選択
  を申し出たとき
B第1種退職年金をうけている人が、年金をうけはじめて20年以内で一時金の選択を申し出
  たとき

※1 請求にあたっては、まず自分が年金をうける権利があるかどうかの確定を行う必要があります。年金受給権が確定された後、年金の支給がはじまります。この一連の作業を「裁定」といいます。

提出書類 @選択一時金給付請求書
A受給に関する確認書
B厚生年金基金の加入員証の原本
C退職所得の受給に関する申告書

※退職所得として控除をうけるための申告書です。 必 要事項を記入のうえ、必ず提出してください

D退職所得の源泉徴収票・特別徴収票

※事業所からの退職金や他の年金制度からの退職手当をうけとった場合に提出してください。

脱退一時金の請求手続

請求時期 加入員期間3年以上15年未満の加入員が退職(基金を脱退)したとき
提出書類 @脱退一時金裁定請求書
A確認書兼選択書
B厚生年金基金の加入員証(原本)
C退職所得の受給に関する申告書

※退職所得として控除をうけるための申告書です。必要事項を記入のうえ、必ず提出してください。

D退職所得の源泉徴収票・特別徴収票

※事業所からの退職金や他の年金制度からの退職手当をうけとった場合に提出してください。

遺族の方が遺族一時金を請求するとき

請求時期 @加入員期間が3年以上ある加入員または加入員であった人が亡くなったとき(脱退時に、
  脱退一時金または選択一時金を受給した者を除く)
A加算年金の受給権者が年金をうけはじめて20年以内で亡くなったとき
提出書類 @遺族一時金裁定請求書(兼未支給の給付金請求書)
A厚生年金基金の加入員証(原本)
B亡くなった人と請求者との身分関係を明らかにすることができる市区町村長の証明書また
  は戸籍謄本
C亡くなった人の死亡を証明する書類(死亡診断書、戸籍謄本など)
D請求者が亡くなった人と生計を同一にしていたことが明らかにできる書類(裁定請求書の
  中の証明欄で証明をうけてください)